忍者ブログ
ブログ別名:『指揮官はスイーツがお好き』(笑)。 趣味全壊。
[286]  [285]  [284]  [283]  [282]  [281]  [280]  [279]  [278]  [277]  [276
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

待ちに待ったこの日、行ってまいりました
私の心のアイドル宮崎仁さんのクリスマスコンサート
「夢みるおもちゃ箱」!!

始まりはクリスマスソングメドレー。
きよしこの夜・ウィンター・ワンダー・ランド・赤鼻のトナカイです。
のっけからいきなりテンション上昇、楽しい気分になります。

相変わらず笑える(爆)MCの後、
今度はクリスマス・キャロルメドレー。
神の御子は今宵しも・賛美歌(タイトル忘れた)・諸人こぞりて。
1曲目とは一転、とても荘厳な雰囲気が漂いました。


続いては、今年が作曲家グリーグ生誕200周年との事で、
組曲「ホルベアの時代」より3曲。
音の凄さとお2人の技術にただただ圧倒されるばかりでした。
宮崎さんのマレットが4本に見えました(大爆笑)

その後、ピアノの山口晶子さんのソロで
リスト「ためいき」。
流れるようなフレーズをああも弾きこなせる秘訣を知りたい。

そして入れ替わりに宮崎さん、
「15分かかるバッハのかしこまった曲(本人談!)」と
「5分程のJazzy・・・・・・色っぽい曲(これも本人談)」と
本当に演奏直前まで悩んだ挙句、演奏されたのは前者。
理由が
「だってもういっこのは全然練習してないんだもんー」
じゃあ何故選択肢に入れたんですか(爆)

ここからは映画音楽の世界。

「ニュー・シネマ・パラダイス」のテーマは、
マリンバのやわらかな音色とビブラフォンの透明な響きに
映画の情景が思い浮かび泣きそうになりました。

宮崎さんのお勧めは「ウェストサイド物語」。
名曲「Tonight」は、ビブラフォンが凄くステキ!!
ちゃっかりスタッフの方に映画の名セリフを言わせてました。

山口さんのお勧めは「マイ・フェア・レディ」。
「踊り明かそう」は、聴いてて自然に身体がリズムを取りました。

えーここで宮崎さん。
「『I could have dance all night』のさあ、
 『dance』のところねー、
 『drunk』にしたら俺達2人だよねー?」

不謹慎にも大爆笑したのは私です。(嗚呼耳が痛い)


最後はサン・サーンスの序奏とロンド・カプリチオーゾ。
何と宮崎さん、ヴァイオリンのパートをマリンバでそのまま再現!
プロの底力を垣間見た気がしました。鳥肌が立ったよ。


アンコールはパッヘルベルのカノン。
少しJazzyなビブラフォンのアレンジが、
何だか「90番目の夜」のようで少ししんみりしてしまいました。


取り急ぎレビューはこんなところです。
この後私に降りかかる宮崎さんのお茶目な罠とは!!
乞う御期待!!(しないって)
PR
POST
name
title
mail
URL
comment
pass   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字

secret(※管理者へのみの表示となります。)
COMMENT
お疲れ様でした!
早速のレビュー、アップしていただいてありがとうございます!
あぁ、この季節らしい素敵な選曲と、相変わらずなお人柄溢れるトーク、やはり生で見たかったなぁ。。。
はてさて、「お茶目な罠」!?
とってもご期待しておりますよ!(笑)
しましろう 2007/12/02(Sun)20:27:06 Edit Top
楽しかったです!
>しましろうさま

今回は残念でしたが、毎年必ず行われるそうですので
来年こそは是非!御一緒しましょう!!

あ、その前に2月のコンサート、
一緒に行きましょうよ~♪
いつき 2007/12/05(Wed)17:55:46 Edit Top
TRACKBACK
trackbackURL:
カレンダー
09 2017/10 11
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
最新コメント
[12/16 しましろう]
[12/12 しましろう]
[11/23 しましろう]
[09/02 いつき]
[08/31 しましろう]
最新トラックバック
プロフィール
HN:
いつき
性別:
非公開
ブログ内検索
Copyright © ストライカーはカナリアがお好き All Rights Reserved.
Powered by NinjaBlog
Graphics by 写真素材Kun * Material by Gingham * Template by Kaie
忍者ブログ [PR]