忍者ブログ
ブログ別名:『指揮官はスイーツがお好き』(笑)。 趣味全壊。
[583]  [582]  [581]  [580]  [579]  [578]  [577]  [576]  [575]  [574]  [573
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

2010年6月17日、勤務終了と同時に職場を飛び出して
「THE WILL 2010 TOUR」行って参りました。
特に渡辺さんとは6日ぶりの再会、って近いな・・・・・・
そもそも6月に行きたいライブが3度、それも6日おきにくるってどんなタイミング?


今回もまるでお約束のようにサプライズが我が身にふりかかってきました・・・・・・
でもあえてスルー。たまにはネ、大人しくしときたいんデス。(笑)

そうして始まった1曲目はジミ・ヘンドリックスの「Purple Haze」。
最初に感じた事は「圧倒的!」
音に呑まれる、というのはこんな事を言うのかと思いました。

ドラマー・堀越彰さんのMCが入り、カルメンの「ハバネラ」 。
そしてヴァイオリニスト・渡辺剛さんのオリジナル曲 「ワイン色の壁」。
「ワイン色の壁」は、先週とは全然違う曲のようでした。

次は ピアニスト・深町純さんのオリジナルで「アノマロカリス」。
カンブリア紀の生物達の名前シリーズ(?)で曲を作られるんだそうです。
深町さんご自身の解説の後に演奏された曲は、いわゆる「変拍子」でしたが
元々そういう部分に全くこだわりのない(無知とも言う)私には
特に違和感もなくスッと耳に入ってきました。
そして1部の曲で最も感動した曲でもありました。

1部最後の曲はクイーンの「Bohemian Rhapsody」。
本当にクラシックからロックまで、幅広いジャンルの曲を独自のスタイルで演奏。
何を差し置いても「圧倒」されるサウンドでした。
音楽を聴いて「鳥肌が立つ」なんて、ホントに何年ぶりだろう・・・・・・

 

休憩明けて2部が始まりました。
最初は「熊本」をテーマにした御三方の即興演奏!
すごく熱い曲だなあと思いました。でもタイトルが「馬刺し(仮)?」って・・・・・・???(笑)

2曲目はクラシックの曲から「シャンソン・トリステ」。
深町さんの解説の後演奏が始まりましたが、
私はここから不覚にも号泣・・・・・・!
抑えても抑えても後から後から言葉にならない何かがせり上がってきて
ライブ終了まで延々と涙をぼろぼろこぼし続けていました。

そうして次は堀越さんのオリジナル、戦いをイメージされたという「ザ・ボレロ」、
教会をイメージされたという「Truth」。
最後はアストル・ピアソラのタンゴ・バレーから?
「天使の死」「エスクアロ」でフィナーレ。

大きな拍手の後ホントにすぐ再登場。(笑)
アンコールはトゥーランドットより「誰も寝てはならぬ」でした。


正直ここまで凄いライブだとは思ってなかった。
驚いて、感動して、そうして虜にさせられる。
まさに「魂を持っていかれてしまった」瞬間でした。

『1度聴いたら逃げられない』
それが私の、「The WILL」というユニットに対するイメージです。


渡辺さん、G-CLEFの頃からずっとずっと好きでいて本当に良かった。
深町さんの優しくも力強い音色と独特のキレのあるお話、直接知る事が出来て嬉しかった。
初めて知った堀越さんのドラム、一瞬で虜になりました。

クサい言葉かもしれないけれど、心の底からそう思いました。
音楽でこんなにも心を動かされたのは、はっきり言ってG-CLEF以来なんです。
 

一生大事にします

購入したCDに御三方のサインまで頂きました。
もったいなさ過ぎて聴けないよ・・・・・・!!!(苦笑)



ところで、タイトルの意味なんですが
・・・・・・これはあえてヒミツ!ちょっとだけ独り占めさせてください(笑)

PR
POST
name
title
mail
URL
comment
pass   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字

secret(※管理者へのみの表示となります。)
COMMENT
アップありがとう
「馬刺し」聴きたかった~(笑)

いや、それは冗談として、でも改めてチラシでお三方のプロフじっくり読んでみてすごいユニットなんだなぁ~って思いました。
それを間近で聴ける機会、子供たちに聴かせる機会を逃してしまったなんて、私ってば本当に罰当たりだなぁ・・・。
今度は学校欠席させても連れてくわね。
しましろう 2010/06/20(Sun)22:32:15 Edit Top
すごかったです
>しましろうさん

「馬刺し(仮)」命名は堀越さんですよ(笑)
ちなみに記事のタイトルの隠れた意味、
しましろうさんならわかってくれるよね?(爆)

ホント、無理にでも誘えばよかったって何度も思いましたもん。
でも、そう遠くないうちに機会が出来るよ、きっと。
・・・・・・だってこれまでのサプライズ考えると、そんな気がしません?
いつき 2010/06/20(Sun)23:02:13 Edit Top
TRACKBACK
trackbackURL:
カレンダー
06 2017/07 08
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
最新コメント
[12/16 しましろう]
[12/12 しましろう]
[11/23 しましろう]
[09/02 いつき]
[08/31 しましろう]
最新トラックバック
プロフィール
HN:
いつき
性別:
非公開
ブログ内検索
Copyright © ストライカーはカナリアがお好き All Rights Reserved.
Powered by NinjaBlog
Graphics by 写真素材Kun * Material by Gingham * Template by Kaie
忍者ブログ [PR]